絶対に焦ってはいけない婚活

私は、婚活は焦ってはいけないと思っています。
早く結婚をしないと駄目だと思う人は多いと思いますが、その焦りが婚活を失敗させる原因になると思うのです。

もし婚活を成功させたいのなら社会人サークルに入って出会いの場を増やしたり、会社のサークルや友達からの合コンの誘いなどいろいろな場所に顔を出し、いいと思った人がいたら徐々に近づいていく方がいいです。

今現在婚活をしている私は、やはり焦らずにじっくりと人を見極めるようにしています。
一見時間がかかって婚期を逃してしまうように思えますが、この冷静さこそが、失敗のしない婚活になるのです。

焦りながら婚活をして相手を見つけて、慌てて結婚をしてしまうと、絶対に後悔するとわかっています。

急いで結婚をして後悔するくらいだったら、時間がかかってもいいから相手をじっくりと探して、いくつになっても後悔しないような関係を築き上げていった方がいいです。

結婚しなければいけないという焦りで、人の判断は狂うことがあります。まず冷静になることが、結婚への近道になると私は信じています。

婚活を長引かせると年を取り、どんどん結婚が遅くなるというデメリットが生じてきますが、何年も婚活を続けていると自分の異性の好みがわかり、相手を探しやすくなると思うのです。

そして何よりも、あきらめない気持ちが大事なのです。

婚活パーティーもお見合いも昔からありました

私の姪っ子は婚活のパーティーでご主人を見つけました。研究職で修士の称号があり毎日大手企業で働いています。

もう30年前ですがある専門学校に知り合いが通っていてどうやら企業のパーティーに女子が呼ばれたらしいのです。サラリーマン相手に食事を取って帰ったそうです。

今で言う婚活ですね。そう言うやり方は30年前でもあったのですから婚活は今に始まったことではないです。私が知っている限りでは、結局2組ほど決まったようです。又妻のお友達も2組お見合いで決まっていますので結構決まるようです。専門学校の先生が男の人も頑張らないとと言っていたらしいので先ず結婚相手を探すパーティーであったと思われます。

出会いがないと悩まずに婚活パーティーやお見合いも考えてはどうでしょうか。

お見合いパーティーで出会うというのも今時の社会人にはごく普通のことのようです。知らない人にはわからないかもしれませんが、お見合いパーティーはどこも大体満員状態で、しかも各社が主催するものを合わせると日本全国でほぼ毎日なんらかしらのお見合いパーティーが開催されています。
参考:お見合いパーティでもチャンスあり!|お見合いパーティでもチャンスあり!

私は学生の時に出会い、20歳の時には結婚相手として双方付き合っていましたから問題なかったのですが、色々な条件があってゴールインするのは難しいご時勢になって来たのも事実です。女性の社会進出も多く上司が女性と言うケースも多いのではないでしょうか。

しかし30年以上前から婚活や見合いは普通だったので一度足を運ぶか、お見合いも良いかもしれません

婚活しようか考え中

私の友達はほとんどの子が結婚をしています。
しかも、婚活で結婚相手を見つけた子が何人もいます。
しかも、婚活で結婚相手を見つけた人はとても幸せそうです。
私は、婚活をする勇気がありません。

婚活をしたら、いつかは結婚できるのだとは思うのですが、決断力がない私は、大勢の中から自分の気になる人を見つけ、その人にアプローチをしていける自信がありません。
30歳を過ぎて、仕事も今無職で仕事探し中です。

そんな自分に誰も声をかけてくれないと思います。
まずは、仕事を見つけ、仕事が見つかったら勇気を出して婚活を始めてみようと思います。
以前、婚活パーティタイプのものには参加したことがあるのですが、本気で婚活をしよとするには、結婚相談所に登録するのが一番だと思います。

しっかりと婚活をできるようにするためにも、まずは仕事探しを頑張ろうと思います。
そして、自信を持って、素敵な結婚相手を見つけたいです。
私も早く幸せな家庭を築きたいです。

写真が困ります

私は、婚活をしようと思い、インターネット上で婚活ができる
「婚活サイト」への登録を考えました。

一番始めやすそうな婚活サイトを見つけ、登録をしてみました。
しかし、ここで問題が発生しました。

婚活サイトへの登録は簡単にできるのですが、そこに書き込む内容がまったく思いつきません。
自分が、異性に見つけてもらいやすいようなアピールポイントや、相手に何を求めるのかを書く欄があるのですが、漠然と結婚をしたいと考えている私なので、厳密には何を求めてるかというものがありません。

そして、一番大変なのが、写真です。

婚活サイトに登録して、異性の方に選んでもらいやすくするのは、プロフィールの所で、自分の写真を登録するのがいいのですが、
自分の写真で、載せれるものが無いのです。

その写真を見て、異性の方が興味を持ってくれるというものなので、変な写真を載せると逆効果です。

何度も自分で撮ってみようかと思ったのですが、どれもうまく行きません。
どうすれば写真がうまく撮れるのか、研究したいです。

街コンについて

つい先日、私は生まれて初めて街コンというものに参加してきました。街コンはもちろん名前は聞いたことがあったのですが、実際にはどんな感じなのかよくわからなかったこともあり、私は興味津々で街コンに参加してみることにしました。

現在30代の独身男の私は、やはり年齢的にも少し焦りがあり、できれば素敵な女性を見つけたいと思いました。街コンに参加していたのは20代から30代の男女が多く、割合は半々ほどでした。その中でも私は20代の女性のK子さんが気になりました。私はK子さんと趣味のことや普段の生活について少し話すことができました。

K子さんはかなりスタイルの良い女性で、物腰も柔らかく私のタイプでした。私はK子さんに告白してみることにしました。K子さんに告白すると、K子さんは友達からお願いしますと言ってくれました。私たちは連絡先を交換し、現在でもやりとりをしています。

初めての街コンに参加した感想は、少し緊張もしましたが、手頃な料金で参加できたので私は満足しています。

婚活もしんどい

25歳になったとき、婚活を始めました。それまで大学から6年半ほど付き合った人と別れたのがきっかけでした。慣れ親しんだ人と別れて、さみしい反面とっても身軽に感じられて、一人で色んな所へ行って、新しいことを始めました。

そして、同時に結婚したいし婚活しないと間に合わない、とも思いました。子どもがほしいと思っていたので、どうしても早めに結婚したかったんです。それで知り合いに合コンに誘ってもらったり、間に入って連絡先を交換してもらったり、婚活パーティにも参加したりしました。本当にめまぐるしく、色んな人と出会ったなと、今ではもう思い出すことにも苦労するほど色んな事がありました。

結果的に婚活とは全然違う場所で主人と出会い、結婚しましたが…振り返ると、婚活は本当にしんどかったです。結婚はしたい、でも相性が合わない、相手は気に入ってくれているけど、自分の気持ちがついていかない…などなど。

結局必死になって婚活をすることに疲れて、しばらく一人でもいいやと思った瞬間に主人に出会ったので、やっぱりガンガンに気を張っているときほど、出会いってなくなるのか、あっても見えなくなるのかなと思いました。

自分を変えて、出会いを呼び寄せよう!

パートナーが欲しいけれど、出会いがないと嘆く人がいます。でも、実際のところは、病気で外に出られないなどというような特別な事情がない限り、人は人と全く接することなく生きることはできません。だから、パートナーとなり得る人ではなくとも、スーパーのおばちゃんなり、ご近所の人なり、人は出会いと別れるを繰り返しながら、一生を過ごします。

個人的な意見ですが、出会いがないという人にはある共通の特徴があるように思います。どうも自己アピールをすることが苦手な方が多いようです。かく言う私もどちらかといえば、自己アピールが苦手な方でした。でも、自分がそれが苦手だと認識し、変わろうとし続ければ、確実になりたい自分に近づけることに気がつきました。

出会いはちょっとしたことから始まります。例えば、ごみ捨ての時に会った人に「おはようございます」と明るい声で言っていますか。

お礼を言う時に、具体的な例を入れてどんなに助かったか、言葉にしていますか。悲しい時はポーカーフェイスでも、嬉しかった時は素直にその喜びを顔に出していますか。最初は失敗したなと思うこともあるでしょう。しかし、変わろうと努力している貴方を見ている人は必ずいます。

出会いがないのは環境のせいではありません。どんな環境にいても、出会いはあります。出会いがないと嘆く前に、出会いを自らの力で呼び寄せる力を身に着けたいものです。

欲張りすぎない婚活が必要

婚活をする人が多くなりました。
私もその一人なのですが、私の場合はそんなに切羽詰まったものではなく、良い出会いがあったら結婚したいなという軽い感じで考えてます。焦っても失敗するだけです。

最近は理想が高い人が多いような気がします。

年収、外見、性格など、あらゆる点で厳しく審査し、それら全てを通過して初めて対象になる。こういった感じで、オーディションみたいな雰囲気になっていると私は思うのです。

よくテレビの特集で婚活する人々を取り上げていますが、その人たちもやはり条件を付け、その条件がまた厳しいのだから参ってしまいます。本当に結婚をする気があるのだったら、もう少し自分自身の審査を甘くすればいいのに、厳しくしてしまうあまり婚期を逃してしまっているのです。自分で婚活を失敗させているようにしか思えず、もはや痛々しい。

婚活をしていく上で大事なのは、妥協する心。多少理想を下回っても、この人となら幸せになれそうだということを真っ先に考えて、結婚と向き合っていくことが大事なのだと思います。